6/7のナマケノモノ

奴隷から帰還してすぐにビール500mを煽り、その後飯を食いながら追加で700mを流し、そうすると最近のマイトレンド「気絶昼寝」へと誘われるので拒否をするわけでもなく気絶。案の定、軽い頭痛と共に目覚めた。そこまでは良かった。シンボルデイリーやらんとなあ・・・とか思いながら、左のこめかみから後頭部にかけてズキズキとするので、軽い気持ちで後頭部をグッと押さえたのだが、そこはどうやら嘔吐開始ボタンであったらしく、後はただひたすらに部屋とトイレの無期限往復リレーであった。これ書いてる時点で嗚咽が酷い。

1回目の量がかなり少なく「これだけ?」と思ったら、ご安心ください!といわんばかりに2回目でフィーバーした。そのまま確変に突入し3回目・4回目もまだまだいきます!で全てを放出してワシは逝った。何度も全力の嗚咽が襲うので顔面破裂しそうになって焦った。出すものが無くなって吐き気が少し減退したが、頭痛が絶妙に酷くなっていたので動くことができず、そのまま再び眠りについた。

で、目覚めると日付を跨いでおり、シンボルデイリーの遂行に失敗した。時計確認して本当に最初に思ったことが「ああミスった0時過ぎてる~デイリーやってねええ」なのでネクソン様私のメイプル愛を分かりやすい形でご確認いただけたかと思います。ありがとうございます申し訳ございません。

症状を抑える為にググって分かったのだが、あまり短期間に嘔吐を繰り返すと食道が裂ける可能性があるということでむやみに吐いてはいけないということである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です