7/1のナマケノモノ

夜中に目覚めてあともう少し眠れるなあと思った次の瞬間にこむら返りが起こった。今までの人生でも味わったことが無いのでは?というくらいの超ど級の激痛でのたうち回った。あの数十秒間だけはサスペンスドラマの被害者を完璧に演じていた。ガチの呻き声に思い返しても笑えんレベルで苦しんだ。私は膝を曲げたまま必死にふくらはぎを揉んでいたのだが、そのようにするのではなくて脚を伸ばして足の甲部分を手前に引くようにすれば良いそうである。まあ場合によるとも書いていた。実際、あの時そのようにすると筋肉がちぎれていたのでは?とも思う。今度また起こったらやってみる。アホか。水分とミネラルが不足しないように注意しなければいけない。

メイプル

チューチューシンボルLvMAX

漸く1つのタマがゴールを迎えた。まあ成長度の辺りが不穏な空気を感じさせるが別に良い。試しに加えようとしたがLvMAXなので無理ですと言われた。取り敢えずチューチューのデイリーをやらなくても良くなったのでそれなりに楽になった。

余ったクイックパスはエルダスペクトラムに使うことにした。前から思っていたがシュピゲルマンのいい加減な語彙力に笑う。エルダスペクトラムをやっつけるとは一体。まあこれはまだ良いんかね。腹ペコのムトをやっつけるやっつける言ってたのは明らかにやっつける対象間違えててコイツもしかして暗黒の魔法使いか?とは少し思っていたところである。

232Lv13%→21%。MVP無いと時間の損失感が半端ない。時計塔での狩りはもう随分慣れたので動きはほぼ最適化されているはずだが、経験値の貯まりが遅い。この前速いと言っていたのに。慣れは怖い。

6/16のナマケノモノ

怠け者は怠けるから怠け者なのであってこのブログの運営が続く限り、私はナマケノモノである。辞めても怠け者である。ああゲシュタルト崩壊が私を襲う(怠)。人手不足の奴隷世界に派遣がやってきてメチャクチャやる気あって陽気に喋りまくる奴だったのに1か月ほどで突然バックレて草を禁じ得ない。例のランク表に従えば凡そB~Cランクといったところか。

・・・まさか彼は双極性障害を患っていたのではないだろうか・・・というのは素人の邪推か。共にした時間の中での彼は少なくとも良識ある善人であった。別に言い訳ではないが、テンションがやたらと高い人間を見るとその言葉を思い出すくらいには、それを患った人間との関りがあったが故のことである。

しかし生のバックラーを垣間見て改めて思うのは、この世は何が起こるか分からないということである。宣言直後の初期化前の変数並みに何が起こるか分からない。そして、信じられるのはやはりいつもいつでも己のみである。

数日後に新たな派遣戦士が遣われたが、彼もまたよく分からない。私は最初、死んでいると思ったのだ。どういうことかというと、あんなところであんな姿勢で休憩をしている奴を私は今まで見たことが無かったからである。驚いた。この彼はどれくらい続くだろうか。などと、人のことを言ってられるほどの余裕もあまり残っていない。私もまた自身のバックレの可能性について想い耽ることが最近たまにある。バックレるのが先か、マンガ完成させるのが先か。

メイプル

最近は2倍クーポン、秘薬、駅ストリーム使いながらシンボルデイリーやっている。今はイベントのおかげもあるが、1日で大体2~5%上がる。デイリーやってるだけでも大体1か月でレベル上がると考えると何だかまだまだ優しい水準なのだなあと感じるわけである。現在230Lvの75%くらい。この先1週間程でレベル上がる予定。

マンガ

何とも言えんが一応新カテゴリマンガを追加した。必要以上に先を急ぎ過ぎてはいけないのだ・・・ということで4コマ漫画で研鑽を積むことにした。4コマなら割とすぐにネタが浮かぶのでその点でやりやすいのだ。腰を据えて着実に・・・私は本当に鳥頭なので気を付けなければいけない。

6/10のナマケノモノ

見出しに「酒」使い出して草。別に美味い酒を語るわけでもない。結局飲み方やね。先日と同じ量飲んだが別で水分補給も怠らないようにすれば何ということもなかった。あとはすぐに寝ない。そういえば先日のバーストがブーストしたのにはよろしくない理由があった。

二日酔いによる頭痛に対して私は「カロナール」というアセトアミノフェンが主成分の解熱鎮痛剤を飲んだのだがどうやら相性としてはあまりよろしくなかったようである。簡単に言うと酒で肝臓がダメージを受けているところにアセトアミノフェンが追加でダメージを与えるようで、後頭部スイッチ押下とのトリプルコンボで連続嘔吐に至ったと思われる。

しかし方々で二日酔いへの使用に対して肯定派と否定派が普通に散在してて焦る。アルコールを普段から大量に摂取している人は確実に良くないらしい。まあそもそも二日酔いになるような飲み方をするなということである。

メイプル

消滅のシンボル16→17LvでARC780→790。明後日にはチューチューのシンボルが19LvになりいよいよARC800である。いよいよ800になってさあ何が始まるのかといえば何も始まらん落ちます乙。落ちますとか最後に言ったのいつですか。そんなことを言える相手がもう居ませんよ。いや待てよアルカナの敵1確になる可能性あるので明後日は少し期待しよう。

イラスト

回せ回せ只管に。角度のついたオブジェクトに関しては先ずは平面(正面?)の線がどうなっているのかを考えれば良いのかもしれん。正面の線が奥行きのアタリになる感覚で。

6/7のナマケノモノ

奴隷から帰還してすぐにビール500mを煽り、その後飯を食いながら追加で700mを流し、そうすると最近のマイトレンド「気絶昼寝」へと誘われるので拒否をするわけでもなく気絶。案の定、軽い頭痛と共に目覚めた。そこまでは良かった。シンボルデイリーやらんとなあ・・・とか思いながら、左のこめかみから後頭部にかけてズキズキとするので、軽い気持ちで後頭部をグッと押さえたのだが、そこはどうやら嘔吐開始ボタンであったらしく、後はただひたすらに部屋とトイレの無期限往復リレーであった。これ書いてる時点で嗚咽が酷い。

1回目の量がかなり少なく「これだけ?」と思ったら、ご安心ください!といわんばかりに2回目でフィーバーした。そのまま確変に突入し3回目・4回目もまだまだいきます!で全てを放出してワシは逝った。何度も全力の嗚咽が襲うので顔面破裂しそうになって焦った。出すものが無くなって吐き気が少し減退したが、頭痛が絶妙に酷くなっていたので動くことができず、そのまま再び眠りについた。

で、目覚めると日付を跨いでおり、シンボルデイリーの遂行に失敗した。時計確認して本当に最初に思ったことが「ああミスった0時過ぎてる~デイリーやってねええ」なのでネクソン様私のメイプル愛を分かりやすい形でご確認いただけたかと思います。ありがとうございます申し訳ございません。

症状を抑える為にググって分かったのだが、あまり短期間に嘔吐を繰り返すと食道が裂ける可能性があるということでむやみに吐いてはいけないということである。

5/11のナマケノモノ

こんなに早く売れるとは思わなかった。少し安すぎたのかもしれんがまあいい。一気に小金持ちになって色々装備見て回ったんだが取り敢えず購入は見送った。現在のメル相場的にはおよそ5000円の儲けになったということでこれはネクソン様から私への陣中見舞いであることは確定的に明らかで、我らがネクソン様、ありがとうございます。ここに尊尚親愛の誠を捧げます。これからもついて行きます。

ペンタブ

なんとまあ罰当たりなことだが数万円もしたペンタブがホコリのベールを身に纏っていたので掃除した。そろそろ技術習得に向けて真剣に動かなければいけない。構想だけはたいそうに大規模なwebサイトには、去年の9月頃にマンガ制作に尽力の旨を記載しているが当然まだ何もしてない。しかし一応どう練習していくかの方針だけはそれなりに練ったり練らなかったりしていた。で、個人的に大方まとまったのでやっていくことにする。

私のフィルターを通した結果では、「イラスト」はやはり言語の一種と見るとしっくりくる。ここからは私の妄想なので話半分に。「一人の人間が花を手に取るイラスト」を文字言語になぞらえれば、人間や花といった1つ1つのオブジェクトが言葉(語句)に相当する。言葉は文字の連結により構成されるので、人間の場合はその構成要素、目とか口とかあらゆる部分が文字となる。花なら花びら、茎、葉っぱといった感じである。

そして言葉と言葉の連結が文章を作る、人間が花を手に取るという描写が、イラストにおける文章、文法といえる。こう考えれば、このイラストは、人間・花の構成要素とそれら要素の接続の仕方・モノを手に取るという概念を知っていれば描くことが可能である。

あとは、文字言語において語彙力が豊かであれば表現に幅が出るのと同じように、イラストに深みを持たせるには、個々のオブジェクトの持つ情報の追加や、オブジェクト間の関わりを複雑にしたりしなかったりすれば良いと考える。

その上で最も重要なのはやはり「視覚的な美麗さ」であるかと思う。これはズバリ「引いた線」がどれだけキレイかということである。一般的な用途?のイラストにおいて線がキレイであることは、文字言語における線のキレイさよりも随分と重要視される傾向にあると思う。要は線が歪んでいればヘタクソと言われるわけである。個人的にはここが最も難しい課題になると思っている。過去に自分の書いた字について、「キレイかどうかは別として読みやすい」という評価を受けたことを思い出した。頭爆発しそう。これは言い換えれば、読む分には問題無いが、書初めなどで決して金賞を取ることはできないという意味である。ガッ

モチベ死亡

アークメイジ(氷、雷)184→198Lv

なんというか、真剣に社会不適合者だなあと痛感したのだ。やる気が無さ過ぎて業務に支障をきたすところにそれを感じた。雇われているからには真摯に取り組まなければいけないのである。しかし凡ミスAND凡ミスAND凡ミスでもぅマヂ無理。退職しょ・・・て言ってできたら苦労しないのだ。山積する諸問題を片付けないことにはニートになることすら許されないややこしい枷が付けられているのだ。とはいえ昨今で言えば医療従事者、毎日顔を合わすある人が居るが、随分と疲弊しているような感じが見受けられた気もする。やはり大変なのだろう。比較のベクトル云々はまあアレなんだが、まあ私は私でやれることをしっかりやらなければならないのだ。ここにきて訳の分からない弱音を吐くことは数年前に漸く本質にたどり着いたあの時の私自身に向ける顔が無くなってしまうのでは?

脳のパフォーマンスを下げないために毎日やることをできてない

このブログで昔こんな記事を書いていた。再び備忘録と戒めを兼ねて。

※ここに記されていることを実践して生じた不利益に対して私は一切の責任を負わないものとします。

1.睡眠をきちんととらない

睡眠負債という言葉があるように、寝不足による疲労は蓄積されるものである。睡眠不足は不運を寄せ付ける確率がべらぼうに高くなる。これは別に悪夢の中で死神と契約するとかそういう超自然的なものではなく、論理的に不運を呼ぶ。まあ簡単な話、クマもくっきりと付いて、半開きのまぶたでは当然目つきが悪くなるのでそんな犯罪者予備軍のような顔つきの者に対して人が警戒するのは確定的に明らかである。この数年間、沢山の人間と関わる機会を通して悟ったことであるが、人は見た目がほぼ100%である。これは勿論ビジュアルに優れていなければならないという意味ではなく、「ちゃんとしろ」ということである。

私はアンチマルチタスクなのだが、睡眠不足は細胞レベルで身体が質の悪いマルチタスクを行おうとする。何というか、神経回路が道に迷う感じである。何言ってだ。ハイエンドなCPUを積んでいるのなら話は別だが、非常に質の悪いタスク管理となり、10行えばその全てが頓挫する具合である。具体的にどういうことが起こるかというと、早く仕事を終わらせなければと焦るのだが指先だけが鬱陶しくバタバタと動き、気付けば夜が明けているのである()。

余談だが、私は一度ファンデーションを塗って出勤したことがあるのだが、よく顔を合わす人が目を見開いて「今日は顔が輝いているね!」というニュアンスの発言をしたので顔に輝きが無いと感じる人は試してみると良い。個人的にはこの出来事はツボったのでそれ以来付けることは無くなった。

2.朝起きてもコーヒーとプロテインを飲まない

何故コーヒーとプロテインかといえば手軽に栄養とスッキリした目覚めを手に入れる為である。どこかで見たのだが、糖質を摂るだけでは何も摂取していない時と比較してあまり脳のパフォーマンスが変わらないようである。やはりバランスよく栄養を摂らなければいけないということでプロテインは手軽で便利である。

しかし、私のような無気力マンはシェーカーを振ることすらもうやりたくないのである。そこで出来合いのプロテインを買いたいと思うも、「え、そんなお金どこにあるん?」というわけでクソが。

3.ここぞという時にコーヒーを飲まない

ここぞという時が訪れることが無いので最近コーヒーは飲まない。そして私は飲むときは専ら空の胃にブラックを流し込むのだが、まるで本当にキマった人の物まねをしているかのレベルで指先が震えるので個人的に気を付けなければならないところである。朝食に摂るということと矛盾しているような気がするが、ゆっくり飲めば良い。

4.イミダゾールジペプチドを摂らない

プロテインと同様に経済的な問題で最近はサプリメントを買えていない。わずかな余裕ができた時に鶏肉を食べるようにはしている。鶏肉うめえよなあ。疲労回復的には胸肉・ササミがベストなのだが、個人的にあまり好きではないので専らもも肉を豆腐と一緒に水炊きで食っている。漂うクソジジイ臭。私も親父の様になってしまったのか・・・あれ、親父を最後に見たのはいつだったか。少なくともここ15年は見ていない。ん、それは?

5.やる気の出る環境を構築できていない

というか、断捨離を行って物理的にクリアな空間を用意したところまでは良いが、そもそも諸事情で脳にモヤがかかっているのでやる気が出ない。しかしやはり断捨離はおすすめである。私は誤って健康まで断捨離してしまったが。

6.基礎を磨けていない

基礎を磨くことは本当に重要である。色々言い換えられるのだが、最もしっくりくるのは「苦痛を最小限に抑えられる」という感じだろうか。基礎は応用させるためにあるものである。要は汎用性が高い事象が基礎である。何言ってだ・・・しかし本当に重要。怠け者こそ意識して基礎を磨くべき。

7.脳について学んだその先にあったもの

それはいつも通りの私であった。

まとめ

この記事を書いたやつは頭がおかしい

忍び寄るCOVID-19

私の住む県は勿論例に漏れず感染者は居たのだが、私の住む「町」には居らず、最悪で隣接する町のいくつかには居る、程度で済んでいたのだがいよいよ、とうとう、侵入を許してしまったようである。メディアで言われていたのは、人口の7割程度が抗体を持って漸くパンデミックは収束するということであるが、それは要は「まあまずまずそのうち、感染するよ」ということだろう。

これで私は少し焦った。何故かというと今の私がこれにかかっても生き抜く自信があまり無いからである。年齢的には重篤化のリスクは低いゾーンではあるが、不摂生をキメている個体では何が起こってもおかしくはなかろう。BCG接種有無の差があるとはいえ、海外では特に持病の無い10代の若者が亡くなっていることもある。個人的に怖いのは咳喘息からのアルティメットコンボによる肺炎エンドである。咳喘息は最近はかなり落ち着いているのだがそれはあくまでも寛解のはずで、コロナによって容易に目を覚ますのではないかと思っている。

まあ個人的には今、怠け者には少し厳しいハードモードの中を生きているのでウイルスに瞬殺されるならばそれもまた私の人生と言えなくもない。勿論これは、無念にもこの世を去ってしまった方々へ対する冒涜の類ではない。別の話ということである。因みに余談だが、コロナに関係なく、親しい人の中に死期が近いと思われる人が居るなら、その人とは色々とよく話す機会を設けて積極的に関わっておいた方が良い。私はこれで一度後悔した。死人はもうそこには戻らない。

陰キャの黒い陰気臭さ

何語ってだアホ?あいにく私はコロナにかかるという事象をスケジュールに組んでいないのでそういうことである。ユニオン8000Lvになってないっつうの。

エンドテラドーピング

初心者174Lv
ノーブレス175Lv

テラドーピング遂に終わった。お疲れ様です。最後の最後で初心者を抜かす熱い展開に涙が止まらない。最近「涙が止まらない」のワード見たら逆に涙止まるようになってこれは明らかに致命的な参照整合性エラー。なみだがとまらないはあなたののうにはたらきかける

ドーピング自体は180Lvになるまで可能なのでもう少し頑張らなければいけない。しかし、コインが残り600枚程度しか無いのでユニオンレベルをどうにかしない限りは今までのペースで薬を買うことができない。サブを育てる気力が無いのでどうしたものか。やるしかないのか。

180Lv以降をどうするか考えて、変態先人が何か良い方法を編み出していないか探ったが、やはり吸わせるかイベントを有効活用したりする程度しか無いようである。最近のイベントは1レベ丸々上げてしまうやべえ薬が手に入るのでそこらへんは抜かりの無いようにしなければならない。ちなみに先人のブログに載ってたのを見て初めて知ったが初心者250Lvの業績もあるようで腰抜けた。そしておそらくそれを達成した可能性のある猛者がチラ見えしてワイ氏失神。オンラインゲームの闇は深い。