2019下半期メイプルやるの会

まず言いたいのは初心者に関しては外部の力(吸)を借りて取り敢えず100Lvまで上げた。そこから例の薬キメたのと少し狩りをして109Lvへ。5個買えて毎週月曜に再支給ということはバーニング終わるまでにあと15個買える。49%*15=735%ということで7回レベルアップできるということは3Lv(バーニング)*7=21Lvで素晴らしい最後の月曜日で恐らくちょうど130Lvになれる。この計画で行く。

初心者の存在意義に関してだが、知人から聞いたが実績の中に無職(ノーブレスとか含む)を200Lvにするものがあるらしい。アホすぎて勿論こんなものやる余裕は無いが少なくともこの無職をバーニングに指定したことは誤りではなかったであろう。というかそれしか選択肢無かったから誤りようがないとも言えるが。

初心者に関しての例の理由で結局スペシャルクーポンを買ったわけで、無駄にするのもアレなので「職持ち」を少しやることにした。景気付けにビショップから。HSのおかげとディメンションのヒルラマグナスを何回か引けたので30分で150→162Lvへ。この調子なら割とすぐに200にできそう。ユニオン6500を目指す。

ゲームばかりやって大丈夫か

なんというか、大丈夫ですね。自分の攻略のコツが段々と分かってきた。私は根を詰めると秒で死ぬ設計になっているので短期集中はキチゲ溜まってゾーンに入れた時だけにした方が良い。それ以外の99%の時間は「それをやる」と決めてやるのではなくて日々の生活の中で夢想するような感覚で、それに関した思考を行う。

例えば「ゲーム開発で一発当てる」という最近の私の目標の場合は、それに関連した情報収集を適度に行い、適度に実践し、取り敢えず全体の雰囲気掴んだらその辺りで飽きるのでそれはもうそこで取り敢えず終わらせる。その時に断片的にいくつかの関連キーワードを紙にメモしてそれを常に携帯する。通勤時や仕事中など、いつでもどこでも、そのメモの存在を思い出したときにチラッと見る。そして、ああこういうことやろうとしてたなあ的に何となく頭に想う。

具体的に、Unityでゲームを作ろうとしているのでシーンの概念があるわけだが、私は自分が今作ろうとしているゲームに必要であろうシーンをメモした紙を携帯している。「タイトル・オプション・フィールド・ステージ…」といった感じである。これをふとした時に見ると「タイトルはこう作りたいよな」とか「オプションにもこの仕様流用できるよな」とかいろいろ思うわけである。

それを繰り返していると徐々に作業の欲求が高まってくる。要はキチゲが溜まってきた状態である。そしてそれがマックスになったところで行動を起こす。すると、やりたくてやるので、公式のドキュメントなども割とすんなり読めて理解できるという具合である。というわけで私はこの繰り返しで目標を達成できる気がしている。要は「やらなければならないこと」をどれだけ「やりたいこと」に変換できるかにかかっている。そしてこれは考えようで何とでもなるのでそういうことである。多分。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です