お盆とは

お盆とは絶望である。ご先祖様を迎える余裕など無く、あまりの忙しさに肉体と精神を八つ裂きにされてしまい、自分がフライングご先祖様になりかねんシーズンである。昔あるおじいさんが私に言った。「夏は人の心が開放的になるので少しガヤガヤするだろうがまあ仕方のないこと。頑張ってください。」はい、ボク(多重人格)仮名b理ます^o^でもしんどい。

今思い返せば私にとって8月という存在は子供の頃から常に一定の憂鬱感を与えてきた邪悪な期間といえる。子供時代は夏休みではあるが、それはつまり膨大な量の宿題が用意されているわけで、私はやべえクソガキだったので休みのうちに終わらせた経験が恐らく1度くらいしか無い()。冬休み前に夏休みの宿題を提出したという致命的エラー経験は墓場まで持っていく心積もりである。

サービス業はさっさとAIに取って代わられるべきである。そして「生身の人間が行うサービス」には、実はとんでもない価値があるということを人々はさっさと認識して理解するべきである。現状サービス業に従事する人間は奴隷そのもので、あんなものは本当に人間のやる仕事ではない。世論「それが仕事だから」これは確実にバグ思考である。何故仕事になったら倫理・道徳的な問題が無視されるのか、日本人はアホである。本当にアホ。バーカバーカうんこ。

勿論機械相手だからといって怒鳴り散らしても良いわけではない。誰も見ていないから、人じゃないからといってその様なことをする愚か者にはAIによるアクロバティックな鉄槌を下して社会から消し去るくらいのことは可能にするべきである。疲れた。寝るわ。

売れた

ウヒョホホオオ売れましたお買い上げ誠にありがとうございます。購入された方は確実に目利きのあるエリート。しかし手数料取り過ぎ。ま、もうやんないんすけどね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です