本日のナマケノモノ

メイプル

テラバーニング118Lv→136Lv。メル欠でスターフォース強化できないので普通の狩場で狩るんだがエラくまずい。140Lvにさえなればディメンションで一気なんだがそこまでが怠い。

IIDX

前ゲーセン行ったの何時でしたかね・・・まあ1か月も経ってないとは思うが久々にゲーセン行った。何回再認識したか分からんが、やはりどれだけ指が動くかだな。指のストレッチ重要。X-DENやっとハードアザッスwwwwと思ったら最後のノーツで死んだ。ありえん・・・本当に実に誠に遺憾ショックでしたもうゲーセンは行きません。

webサイト制作(と翻訳について少し考える)

コンテンツを量産するための方法ばかり考えてその前提のサイト制作が全く進まんというかやる気が起きん。いくつかの言語にも対応しようと思ってGoogle翻訳久々に使ってみたが精度良過ぎて禿げた。方々で自動翻訳で作ったコンテンツは駄目だと叫ばれているし、そもそもGoogleがそれをやめろと言ってるが、意味が通るなら良いよな別に。

大体NGな自動翻訳ってのが本当に何の手直しも加えてない「生自動翻訳」で草。そりゃダメだろうなあ。さすがに一発では上手いこと翻訳できない。でまあ残念なことにそのまま、自動翻訳は駄目だという結論に至ってしまっている。手直し加えることを考慮すればかなり有効なツールだと思うんだがな。まあ意味が通ってもスパムだと判定を受けたその時に真に自分で学ぶとするか。そんなのありえんと思うが。

コツとしては原文である日本語をきちんと使うことだと思う。というか文章の構成をきっちり?はっきりさせる。ほかの人間は知らんが私が普段どんな日本語の使い方してるか思い返すに、かなり曖昧な文章の組み立て方をしている。そしてそれでも意味が通って、伝わってしまうところが日本語である。

翻訳する時にも、流石に最低限の整形を意識して原文を入れるんだが、一発目は中々へんてこな訳が出来上がる。そのへんてこな文章から原文のどこがダメだったかを考えて文章を作り直す感じでやっていけば、最終英訳→和訳→英訳のループでも文章が変化しなくなってくるのでそれは良い翻訳になっているのではと思う。

まああと一つ注意するのはニュアンスだが、まあこれはあんまり難しく考えなくても良いのではと思うがなあ。「thank you very much.」が皮肉交じりであるとか、そういうところの意識ですかね。非常にめんどい。まあ「暇つぶし」が「killing time」で元に戻したら「殺害時間」になったのは正直クソワロタ。これが自動翻訳の真髄だろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です